実装ガイド

マインドフルネス

生徒のストレス管理を支援し、超便利なマインドフルネス・テクニックを学び、IBMのデジタルバッジを獲得することができます。

概要

今、私たちは以前にも増して、自分自身の精神的なケアを確実に行う方法を模索しています。オックスフォード大学マインドフルネスセンターと共同で開発したマインドフルネスバッジは、教育者や生徒が、学校や家庭で活用できるストレスマネジメントやメンタルヘルスの実践を可能にします。

 

Tags: マインドフルネス, ワークプレイス・スキル, 就職準備, 高校生, インターンシップ準備

 

使用可能な言語対応言語:英語

 

推奨される学生層

  • K-12: 9年生から12年生まで
  • 大学レベルの学生
  • 成人学習者
  • すべて

生徒が学習を完了するまでの推定時間

全コースを終了してバッジを取得するには3時間必要です。

実装アイデア

1日でできること。マインドフルネスの基本を学び、教師用リソースをいくつか取り入れることで、生徒たちが大きなテストやイベントの厳しさに備えることができます。

 

1週間でできること。バーチャルまたは対面式の夏期講習を開催しますか?毎朝、マインドフルネスのコースモジュールを受講してもらい、一日の準備をしてもらいます。

 

1ユニット/夏の間に行う。学生向けに長期のプログラムを開催する場合マインドフルネスをプログラムに取り入れることで、生徒たちが遭遇する可能性のあるストレスに対処するために必要なツールを与え、目の前の課題に取り組む際に、中心に立って集中することができるようになります。

 

授業に組み込む。マインドフルネスは、どのような授業にも適しています。特に、コンピュータサイエンスやSTEM分野のコンテンツなど、複雑で馴染みのないトピックを学習する場合に最適です。上記の教師用リソースチャンネルにあるマインドフルネス カリキュラムマップを使用して、マインドフルネスを総合的に深く掘り下げて学ぶことができます。   

他の人のコメント

具体的な例としては、私たちが推進しているマインドフルネスバッジなどがありますが、そのバッジで学んだことは、(COVIDという)新しい環境に適応するためのスキルの観点から必要なことなので、タイムリーだと思います。-Nithya, 高校生教育者 

これは私の人生の中で最も素晴らしい経験のひとつです。このコースでこれほど多くのことを学び、多くの人生の知識を持って帰れるとは本当に思っていませんでした。IBMとオックスフォードには感謝しています。これは本当に人生を変えるものです。タバン(学生